Love Sound & Lights

純粋な喜びで毎日を楽しむためのエッセンスをクリスタルクリアーにお届けします!

2月のラブソニックジャーニーは金星☆ヴィーナスの旅

お待たせしました!
(毎度おなじみ〜♪)

2月26日(日)新月・深夜にお届けするリモートセッション
魔法のようなラブソニックジャーニー

今回のテーマは金星☆ヴィーナス

金星のことを英語でVenus(ヴィーナス)とよびます。
女神ヴィーナスの存在もあります。

どうしてどちらもヴィーナスなのでしょう?

女神ヴィーナスはウェヌス、アフロディーテともよばれる愛と美と豊かさの象徴です。
神聖な女性性の象徴でもあります。

ヴィーナスは背が低くて見た目がよくない鍛冶の神さまと結婚していたんだそうですが
なんといっても恋の女神ヴィーナスのことですから、ほかにもたくさんの神々とのロマンスを楽しみ
父親のちがう子供を大勢産んでいるのだそうです。

そのうちのひとり、ゼウスとの間に誕生したこどもがキューピッド(エロス)です。

女神ヴィーナスは女性であることの喜びを、愛と美しさをとおして自由に表現し、楽しんでいる存在です!

じぶんの役割に正直で、自由で神聖でとても素敵。
いかにも神聖な女性性、美しさの象徴らしいありかたですね。


金星は地球よりもすこし太陽に近いところをまわっています。
地球からみて太陽と金星が重なることが8年のあいだに5回あるそうで
このときの地球の位置を線でむすぶと
きれいな五芒星☆が描かれるのだそうです。

五芒星はもともと、聖なる女性性や女神の象徴。

この地球と金星と太陽との関わりによって描かれる
美しい五芒星に気づいた古代の人々が
美しさの象徴である女神ヴィーナスの名前をこの星につけたということでしょうか。


どちらも象徴しているのは完璧な美しさです。


さあ、次の新月の夜には、この愛と美と豊かさの女神ヴィーナスの案内で
ヴィーナス(金星)に訪問し、
私たち自身のうちにすでにある、完璧な美しさに目覚めます!

まずはうさぎせんせいのいる五次元の魔法の森の中にあるクリスタルの神殿へ行き
そこで身体、意識、感情、エナジーをバランスよく調和した状態にととのえます。

そこからライトシップに乗り込んで金星へ出発!

女神ヴィーナスに迎えられて
女性性について
美しさについて
豊かさについて
ロマンスについて
金星とそのエナジー存在について
楽しくいろいろと教えてもらいましょう。

すでにじぶんの中にあるうちなる女神、完璧さに目覚めるための
愛とロマンスのハーモニック・フルセッションを受け取ります。

このフルセッションは、地球の最高級エステのトータルケアを
何百倍にも何千倍にもしたような極上のケアで
あなたという存在のすみからすみまですべてをケアし、磨き上げます。

ヴィーナスチームの愛と豊かさと美しさに身も心も完全にゆだねて
とろけるような幸福感を存在全体で味わいます。

そのあと女神ヴィーナスの愛と美と豊かさに完全にひらくための
イニシエーション(儀式)を受けます。

そのあとは祝福のパーティー!
金星の仲間たちと交流して楽しくすごしたり、金星を自由に散策したりもします。

金星といえば、サナートクマラにもタイミングがよければ出会えるかもしれませんね!
わくわく053.gif053.gif053.gif053.gif053.gif


新月の前の日くらいにメッセージと音声を収録した動画をお送りしますので
それをみて、音を聞いていただいて、あるいは聞きながら、眠っていただくことで
このリモートセッション、魔法のようなラブソニックジャーニーにご参加いただけます。

音声を繰り返し聴いていただければ、毎晩でも何度でもたっぷりと
金星とヴィーナスの旅を楽しんでいただくことができます。

ぜひご参加くださいね!
いっしょにわくわくの宇宙の旅をたのしんで
ますます美しく、ますます豊かに、愛にあふれる私たちになりましょう。

皆様のお申し込みをわくわく楽しみにお待ちしています。
ちなみにわたくし、オーラソーマの誕生日ボトルが34番 ヴィーナスの誕生です。
私自身ヴィーナスとは深いつながりがあります。金星大好き♡


f0131783_23425636.jpg
ヴィーナスの誕生 ボッティチェリ


新月のリモートセッション
ラブソニックジャーニー 金星☆ヴィーナスの旅
2/26(日)深夜

チケット代 1回 6,500 yen

プライベートガイダンスつきチケット代 1回 12,000 yen


お申込み・お問合せ
Sara Sound さら
saramarielles@gmail.com
090-4540-3647










[PR]
by suzukisatomi | 2017-02-19 23:48 | リモートサウンドセッション | Comments(0)