光に還るとき

f0131783_23322209.jpg



いま宮城県・七ヶ浜町に帰ってきています。

大好きな父が3/6の夜明け前に肉体を離れて、新たに魂の旅をスタートさせました。

1年ちょっと前に体調を崩して手術を受けて、それからは順調に回復し、少し前までは元気にしていたのですが、この冬の寒さのせいか2月のはじめに再び体調を崩して入院していました。それから1ヶ月もたたないうちのことでした。

入院後も順調に回復していたので、まだまだ大丈夫だと安心していたのですが、食べものが変なところに入って誤嚥性肺炎になってしまい、そこからあっという間の旅立ちでした。

「少しの間会えないけどまたね」
「ありがとう。またね」

そう言って別れて、安心して京都へ帰ってから間もなくのこと。

家族から連絡を受けて、旅立ちの瞬間は京都から、しょうと一緒に祈りながら、リモートで立ち会いました。

その瞬間のほとばしる光のあまりの美しさと力強さに、とても感動したのと同時に、深く安心しました。

私たちの魂はこれまで何度も死を経験しているはずなのに、覚えてはおらず、恐れすら感じるのは、これほどまでに至福の体験だからなのだろうとわかりました。

父がサーっと風のように旅立ってしまったのはさびしいけれど、やはり最終的には父が選んで決めたことなのですから、受け入れて、いまこの瞬間を味わいます。

ただただ愛と感謝と喜びがあふれます。



本来なら今日タイへ向かい、チェンマイのタオガーデンで11日からジャスムヒーンのダークルームリトリートに参加する予定でしたが、七ヶ浜から父を見送り、大切な家族と共にいることにしました。

予告していたラブソニックジャーニーと7日間のリモートセッションは、予定通りお届けする予定です。もうすぐ詳細をアップしますのでどうぞ楽しみにしていてください。

人生の中でとても大きな変化の時。私たち家族にとっても、新しい人生のスタートです。その大切なときにお届けするリモートセッション、ご一緒できたら嬉しいです。



父の告別式がちょうど3/11。

震災からちょうど7年のこの日に、ここ七ヶ浜にいるように、呼び戻されたようです。宇宙って本当に完璧です。

ありがとう。


LOVE & LIGHT
Uniphi

www.uniphis.com





[PR]
by suzukisatomi | 2018-03-09 10:19 | 日々のこと | Comments(0)