京都☆五社めぐり・青龍と朱雀編

f0131783_17285228.jpg



京都に引っ越して初めての春は毎日ポカポカいい天気で幸せいっぱいです。

今日は厚いコートを脱いでスプリングコートで出かけましたが、それでも汗ばむほどの暖かさ。街を歩く人たちの中には、すでに半袖一枚の人、ビーチサンダルの人もいました!流石にそこまでは?!と思いながらも、それくらいのポカポカ陽気です。

春分を迎えて新しいスタートを切るに当たって、改めて1200年以上も続く京都という地に住まわせてもらえることになったご縁を本当に有難く感じています。

改めてこの地と、ここを守ってきたたくさんの人々、さまざまな生命に感謝の気持ちを表し、ご挨拶をするために、まずはいま住んでいるところの氏神さま、八坂神社へお参りしました。

ここは1年前の今頃にもお参りして、とても暖かく歓迎していただいたところです。

今回もとっても暖かく歓迎していただきました。毎回訪れる度に、まるでお祭りかのような人出の多さに驚くのですが、そんな中でもとてもとても安心できる場所です。この日は日曜日だったので美しい花嫁さんにも会えました。とても素敵でした。どうぞますますお幸せに。

そしてここ祇園さんの提案で、ここからさらに1200年の都の力を全面的におかりするため、五社めぐりをすることになりました。

玄武(北)上賀茂神社
青龍(東)八坂神社
朱雀(南)城南宮
白虎(西)松尾大社

それに平安京をつくった桓武天皇をおまつりしている平安神宮の合わせて五社です。

八坂神社の御祭神は素戔嗚尊と櫛稲田姫命を中心とした神々さまです。

f0131783_17292256.jpg


城南宮は国常立尊、八千矛神、息長帯日売尊をおまつりしています。平安京がつくられるときに、都の守護と国の安泰を願って建てられたそうです。方除の大社として知られるところだそうです。

正直言うと、京都駅のあたりから南の方は、なぜかわかりませんが何と無くあまり好きになれず、ほとんど足も向きません。この城南宮にも今回初めてお参りしました。

「ここも京都なのかしら?!」(失礼します)と思えるようなエリアに、塀に囲まれて緑豊かな城南宮が突然現れます。中は別世界で、深い緑に囲まれた中に美しい花々が咲いていて、蝶々がたくさんとんでいる、とても気持ちのよいところでした。眩しく輝く太陽と空の下、あまりのポカポカ陽気に、春を通り越して一気に南の国に迷い込んだかのようでした。

ここでも神々さまにしっかりとご挨拶、感謝の気持ちをお伝えしてきました。



この後、松尾大社、上賀茂神社、平安神宮を訪ねます。
  


時を同じくして、たまたまフェイスブックで見つけた「京都まほろばツアーズ」さんの主催する歩いて巡る京都の旅に参加しました。「京都にあと一歩、近づく旅」をテーマとして、魅力的なツアーコースがたくさんあります。

http://www.kyoto-mahoroba.com

タイミング的に、私が最初に参加したのは京都「迷所」巡礼の旅。ちょっと気軽にブログやSNSで紹介できないような所ばかり、案内していただきました!しかも代表の村上さん、副代表の星さん、お二人に案内していただくという、なんとも贅沢で幸運な旅。いろいろと興味深いお話をうかがいながら、さまざまな迷所を巡る、とても充実した旅でした。しかも歩いて数時間でまわれる距離に、こんなにたくさんのスポットがあることに、改めて驚きました。

二条駅からスタートして、私も大好きな神泉苑へ行ったり、そこから平安京がつくられた当時の都の中心を歩いて、妖怪・鵺(ぬえ)に出会ったり、大極殿の跡地で平安京のパワーをいただいたり、そのすぐ近くの謎のスポット「宴の松原」をぶらぶら散策したりしました。

宴の松原、本当に不思議な所でした。なぜここにこんな松林があったのでしょうか…

ああ、完全に京都の1200年の魅力に、魅了されてしまいました。

せっかくご縁をいただいて住まわせてもらっている土地なのですから、この地のこと、ここに生きたたくさんの人たちのこと、さまざまな生命のことを、もっともっとよく知りたいと心から思います。

早速京都のさまざまな時代ごとの地図と、歴史の本を2冊購入しました。

皆さん京都のことならなんでも、オススメがあったら是非教えてくださいね。

いつもありがとうございます。


LOVE & LIGHT
Uniphi


[PR]
by suzukisatomi | 2018-03-26 18:31 | 日々のこと | Comments(0)